2015年02月02日

リバウンドをしないダイエットの方法とは



ダイエットをしていると上手く減量できる方が稀なことです。上手く減量できずにリバウンドすることの方が多いのかもしれません。なので、リバウンドすることなく減量させることを考えなければなりません。それでは、リバウンドせずに、減量するためには、どのようにすればいいのでしょうか。



 その答えの1つが基礎代謝を上げることです。筋肉をつけることによって、基礎代謝を上げるダイエットをすることを考えましょう。減量するために、極端な食事制限をしてしまうと、筋肉量が減ってしまって基礎代謝まで落ちてしまいます。そうなると脂肪を燃焼し難い体質になってしまうので逆効果なのです。


たとえ減量中であっても、運動をしながら筋肉をつけたり、たんぱく質の多い大豆や赤身肉など、低カロリーの食べ物を摂ることで、基礎代謝を上げる必要があります。



 身体に必要な栄養素はしっかりと摂れる食事を心がけて、筋肉を減らさないようにすることがせたいせつなのです。


減量するペースは、1ヶ月でだいたい体重の5%以内になるようにしましょう。体重の減りがゆっくりになったとしても、ダイエットは継続しなければなりません。強引な減量をしないことが、リバウンド対策として、とても有効なのです。



 巷には数多くの減量法があふれかえっていますが、それらの中には、健康によくないことがハツキリ分かるものも少なくありません。流行に流されず、減量法の本質をしっかりと見極めてダイエットに取り組んでください。


posted by thin at 17:10| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

ウエストのくびれを作るためには?


どんな取り組みが、ウエストのくびれを際立たせることが可能でしょう。

熱心にダイエットをしている人でも、ウエストのくびれは期待どおりの状態にならずに、焦っているような人もいます。



 食事を制限するようなダイエットをしても、ウエスト部分の脂肪が減って、くびれが作られる事はほとんどありません。食事制限によるダイエットの場合は、体全体の脂肪が減っていくので、ウエスト部分も多少はすっきりしてくる事はありますが、くびれが作られたと目に見えて感じる程の効果は期待できません。



 ウエストのくびれをつくるためには、毎日運動をしたり、エクササイズをするといいでしょう。部分痩せしたい時には運動やエクササイズが効果的と言われますが、ウエストにくびれを作りたい時も効果的です。


体重を減らすためにウォーキングや水泳などが好まれるのは、筋肉がつくことで代謝が上がり、痩せやすい体質になれるからだといいます。家の中ではエクササイズを行い、外に出てウォーキングなどを続けることで、コツコツとダイエットの効果を引き出すことが可能になります。


とはいえ、ウエストのくびれを作るためには、少しエクササイズをしただけでは効果は出てきません。短い期間に集中して行うのではなく、数週間から数ヶ月といった長い期間にわたって継続することが必要です。



 様々なエクササイズが、ウエストのくびれ効果があると主張していますので、続けやすそうなものを見つけましょう。もしウエストのくびれができたとしても、エクササイズは続けないと、徐々に戻ってしまう事もありますので、注意が必要です。
posted by thin at 10:53| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

ダイエット成功者がしていることとは?


成功者がどのように成功したかは、ダイエットの指針になります。多種多様なダイエット方法を実践しているけれど、うまく体重が減らなかったり、すぐリバウンドしてしまったという人もいるといいます。



 ダイエットの成功者の話は、どうすればダイエットに成功するかというヒントを得ることができます。ダイエット成功者に共通している事というのが、あるのでしょうか。

ダイエットの成功者に共通している点として、記録をまめにつけていたことがあります。毎日の体重、体脂肪、その日に食べたもの、その他体重の増減に関係ありそうなことを記録します。手帳やノートを使う人もいますが、この頃はスマホのアプリもよく用いられます。


ダイエットを続ける意思を強固にするために、目標の確認と、進捗状況の把握ができます。この他に、ダイエットの成功者は食事制限だけでなく、必ず運動もプラスして行っています。


ハードな運動ではなくても、朝晩の軽いストレッチや、歯磨き時の階段昇降運動なども有効です。軽い運動でも継続することで、脂肪の燃えやすい体をつくっていきます。



 成功者の行ったダイエット方法を知る事は、自分のダイエットを改善して、成功へ導くポイントともいえます。


posted by thin at 09:52| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする